コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連グローバルコンパクト コクレングローバルコンパクト

1件 の用語解説(国連グローバルコンパクトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくれん‐グローバルコンパクト【国連グローバルコンパクト】

The United Nations Global Compact国連が企業に実践を呼びかける、10項目の普遍的原則。1999年のダボス会議国連事務総長アナンが人権・労働・環境に関する九つの原則を提唱。2004年に不正・腐敗の防止に関する原則が追加された。企業は、国際的に認められた規範を遵守しながら事業活動を展開することによって、社会的責任を果たし、社会の持続的発展に貢献する。170か国から1万2000を超す企業・団体が参加(2016年3月現在)。GC(Global Compact)。国際連合グローバルコンパクト。
[補説]人権の保護、人権侵害の防止、組合結成や団体交渉権の承認、強制労働児童労働・職業上の差別の撤廃、環境問題の予防、環境への責任ある取り組み、環境技術の開発・普及、強要や贈収賄などの不正・腐敗の防止を呼びかけている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

国連グローバルコンパクトの関連キーワード国連開発計画UNDPユニセフ(UNICEF)UNICEFUNFPA数理言語オートバイ競技ESCAP国際連合国連

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連グローバルコンパクトの関連情報