コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連麻薬特別総会 こくれんまやくとくべつそうかいGeneral Assembly Special Session on World Drug Problem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連麻薬特別総会
こくれんまやくとくべつそうかい
General Assembly Special Session on World Drug Problem

1998年6月,国連麻薬取引禁止条約の採択 10周年を記念し,国際的な取締り強化を目指して開催された国連の特別総会。麻薬サミットとも呼ばれ,約 150カ国が参加した。「麻薬乱用・撲滅の 10年」を宣言した 90年の第1回総会以降も状況は悪化の一途をたどり,麻薬使用者は世界中で1億 9000万人にも上るといわれる。このため総会では麻薬需要の抑制のほか,不法作物の生産撲滅と代替作物の開発,麻薬取引に伴うマネーロンダリングの禁止,アンフェタミン系興奮剤の規制,司法協力などについて議論し,2008年までに需給量を大幅に削減することを中心とする政治宣言を採択した。同時にそれらを実行するための行動計画と原則宣言も採択された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国連麻薬特別総会の関連キーワード麻薬撲滅の10年

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android