コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際広告 こくさいこうこく

2件 の用語解説(国際広告の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際広告
こくさいこうこく

輸出,輸入を含めインターナショナルマーケティングの一環として行なわれる広告。現在は自動車エレクトロニクスなど進出先の現地法人が広告を出稿する輸出広告の現地化が進んでいる。海外で日本の企業が投下する広告費は,推計で年間1兆円を超える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際広告
こくさいこうこく
international advertising

一般には国内の企業が諸外国に向けて行う「輸出広告」を意味するが、外国の政府、団体、企業あるいは外資系企業合弁会社などが広告主となって国内向けに行う「輸入広告」をも含めてインターナショナル的広告全般をもさす。輸出広告としての国際広告を実施する際には、相手国のマーケットや商品競合の現状を調査するのはもちろん、法律、言語、風俗、習慣、色彩の好悪、流行などについて通暁(つうぎょう)しておく必要がある。国際広告の実施には本国企業の海外宣伝部から外国メディアに広告を出稿する場合と、現地の支店あるいは系列販売会社に広告予算を分け与えて出稿を任せる方法とがある。アメリカの広告会社では、そのクライアント(広告主)が海外進出を図る場合には、進出国に支店あるいは合弁の広告会社を設立して、国内と同じようなサービスができるように支店網を伸ばすため、海外取扱高が大きい。最近、日本の大手広告会社にもそのような動きがみられる。[島守光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際広告の関連キーワードインターナショナル第一インターナショナル第二インターナショナルインターナショナルステークスナルミヤ・インターナショナルカードエクマインターナショナル第二半インターナショナルナルミヤ・インターナショナル協同インターナショナル住商アグロインターナショナル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際広告の関連情報