コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際戦略港湾 コクサイセンリャクコウワン

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐せんりゃくこうわん〔‐センリヤクカウワン〕【国際戦略港湾】

長距離の国際海上コンテナ運送を行う国際海上貨物輸送網の拠点として、また国内海上貨物輸送網との結節点として高い機能を備えた港湾で、国際競争力の強化を重点的に図る必要がある港湾として政令で定めるもの。→国際拠点港湾
[補説]国際コンテナ戦略港湾として阪神港(神戸港大阪港)と京浜港(東京港川崎港横浜港)、国際バルク戦略港湾として釧路港鹿島港名古屋港などが指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone