コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際熱帯農業研究所 こくせいねったいのうぎょうけんきゅうじょInternational Institute of Tropical Agriculture

知恵蔵の解説

国際熱帯農業研究所

熱帯アフリカ諸国における食糧生産の改良・増進を目的として1967年に設立された国際的な農業研究所で、本部はナイジェリアのイバダン市郊外に設置され、同国のカノ市などの4都市と、ベナン、カメルーン、コンゴ民主共和国、ガーナ、ケニア、マラウイ、モザンビーク、タンザニア、及びウガンダの9カ国に支所を持つ。世界の30カ国以上から研究者が集まり、1300人以上の現地職員が働いている。運営資金の大半は国際農業研究協議会(CGIAR: Consultative Group on International Agricultural Research、47カ国の政府、13の国際機関、及び4つの民間財団から構成)からの支出で賄われる。 イバダンの本部では、1000haの広大な敷地にキャッサバ、メイズなどの畑が作られ、日本人を含むおよそ60人の農学者、生物学者、土壌学者などが研究を行っている。『年報』のほか、多数の研究報告書が出版されている。

(室井義雄 専修大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際熱帯農業研究所の関連情報