国際石油カルテル(読み)こくさいせきゆカルテル(英語表記)international petroleum cartel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際石油カルテル
こくさいせきゆカルテル
international petroleum cartel

石油の供給独占をねらいとして,国際石油資本メジャーズ)の間で結ばれたカルテル。市場の分割と,生産の制限(1928)を出発点にして形成され,ヨーロッパ市場分割協定(1930)から製品価格の協定(1932)にまで発展した。これらの協定はさらに,世界の石油製品の価格をアメリカ,メキシコ湾岸の相場に準じて決める協定にまで発展。1948年にアメリカ合衆国側から協定破棄の通告があったが,石油製品の価格決定には長年の商慣習としてその後も影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android