国際貢献(読み)こくさいこうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本の経済力の拡大に伴い,国際的な課題に積極的な役割を果していこうとする立場。海外からの「経済大国責任論」と表裏一体を成している。この主張は,従来の外交ODA (政府開発援助) を中心とした資金協力にとどめ,紛争処理や安全保障は国連まかせという姿勢だったのに飽きたらず,それらの分野でも一定の役割を果すべきだとするのが特徴である。カンボジアへの PKO参加問題や国連安全保障理事会の常任理事国入りなどでの積極派の底流には,この発想がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

国際社会の一員として、より良い秩序作りのために協力すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際貢献の関連情報