コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際貢献 こくさいこうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際貢献
こくさいこうけん

日本の経済力の拡大に伴い,国際的な課題に積極的な役割を果していこうとする立場。海外からの「経済大国責任論」と表裏一体を成している。この主張は,従来の外交が ODA (政府開発援助) を中心とした資金協力にとどめ,紛争処理や安全保障は国連まかせという姿勢だったのにきたらず,それらの分野でも一定の役割を果すべきだとするのが特徴である。カンボジアへの PKO参加問題や国連安全保障理事会の常任理事国入りなどでの積極派の底流には,この発想がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくさいこうけん【国際貢献】

国際社会の一員として、より良い秩序作りのために協力すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国際貢献の関連キーワード国連環境計画国際環境技術センターTABLE FOR TWO日本トップリーグ連携機構外国人研修・技能実習制度文化遺産国際協力推進法国際協力に関する懇談会テーブル・フォー・ツー教育基本法改正と愛国心ドナルド ヘンダーソンアフリカスイギュウ補給支援特別措置法国立情報学研究所スポーツ基本計画90億ドル支援積極的平和主義原子力基本法宮沢喜一内閣小沢調査会TFT活動スポーツ庁

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際貢献の関連情報