国際連合旗(読み)こくさいれんごうき

百科事典マイペディア「国際連合旗」の解説

国際連合旗【こくさいれんごうき】

1947年10月第2回国連総会の決議によって制定された。淡青の地の中央に北極を中心とした世界地図を描き,平和の象徴である2本のオリーブの枝でこれを囲む。旗の縦横比は2:3または3:5,中央旗章の天地の長さは旗の縦の長さの2分の1。
→関連項目国際連合

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「国際連合旗」の解説

こくさいれんごう‐き ‥レンガフ‥【国際連合旗】

〘名〙 国際連合の旗。北極を中心とした世界地図をオリーブの枝葉で囲んだ旗章を青地に白く抜いたもの。一九四七年の第二回総会で制定。国連旗

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「国際連合旗」の解説

こくさいれんごう‐き〔コクサイレンガフ‐〕【国際連合旗】

国連旗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android