青地(読み)あおち

不動産用語辞典「青地」の解説

青地

登記所に備え付けられている公図上青く塗られた部分のことで、国有地である水路河川敷を示すものです。
本来は一般の宅地にはならないが、水路が事実上廃止されるなどして、青地を含む敷地上に住宅が建っていることもあります。
このように、敷地内に青地を含む住宅を購入する場合には、青地を国から払い下げてもらう手続きを要することがあります。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「青地」の解説

あおち あをチ【青地】

姓氏の一つ。

あお‐じ あをヂ【青地】

〘名〙 織物の地色の青いもの。青い地の織物。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「高麗(こま)のあをぢの錦の、はしさしたるしとねに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

岩石学辞典「青地」の解説

青地

キンバリーのダイヤモンドパイプ鉱山作業員が,スレート状の青色ないし青緑色のキンバリー岩質角礫岩を指す名称.黄地(yellow ground)として知られる酸化した表面部の下方に分布している[Wagner : 1914].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android