コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際金融先物取引 こくさいきんゆうさきものとりひき

百科事典マイペディアの解説

国際金融先物取引【こくさいきんゆうさきものとりひき】

将来の特定の期日にあらかじめ約束した価格で金融資産を受け渡し,代金を決済する取引。期日前の反対売買で,当初契約を清算でき,相場のリスク回避が可能なので,市場が拡大した。1972年米国シカゴのマーカンタイル取引所(CMF)で通貨の先物取引が始まったのが最初。その後1977年シカゴ商品取引所(CBT)が長期国債(Tポンド)を対象に先物取引を開始。このころから金融先物取引は一大マーケットに成長。 1982年には,ロンドン国際金融先物取引所LIFFE)が開設され,1985年に東京市場でも長期国債を対象にした先物取引が始まった。1989年には東京金融先物取引所TIFFE)がオープンし,ユーロ円金利,円・ドル通貨先物など金融先物取引の対象が拡大した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android