コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園田湖城 そのだ こじょう

美術人名辞典の解説

園田湖城

篆刻家。滋賀県生。名は耕作、のち穆、字は清郷、別号平盛富岡鉄斎・内藤湖南らと交わる。書画の鑑定に詳しく、有隣館の顧問をした。昭和43年(1968)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

園田湖城 そのだ-こじょう

1886-1968 大正-昭和時代の篆刻(てんこく)家。
明治19年12月31日生まれ。京都の藤井有鄰(ゆうりん)館主事となって中国古印の研究にあたる。退職後は篆刻に専念し,京都印壇の中心となった。日本書芸院,京都書道連盟を創立した。昭和43年8月25日死去。81歳。滋賀県出身。本名は耕作,のち穆。別号に平盦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

園田湖城の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android