コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井利徳 どい としなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井利徳 どい-としなり

1748-1813 江戸時代中期-後期の大名。
寛延元年10月11日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩主伊達宗村(むねむら)の3男。土井利信(としのぶ)の養子。明和4年三河(愛知県)刈谷(かりや)藩主土井家2代となる。和歌,蹴鞠(けまり),石州流の茶道をよくした。文化10年8月17日死去。66歳。初名は村賢(むらかた)。号は嘯月(しょうげつ),宗鋪(そうほ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土井利徳の関連キーワードペグマタイト大槻朝元吉田文三郎(初代)寛延中山文七児童文学ドゥーフ犯罪の増加(ロシアの)北但大震災アーヘンの和約

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone