コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐国群書類従 とさのくにぐんしょるいじゅう

2件 の用語解説(土佐国群書類従の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土佐国群書類従
とさのくにぐんしょるいじゅう

明治初期の土佐の史料集。 160巻。別に拾遺 65巻がある。同国香美郡吉原の元庄屋,吉村春峯編。明治初年に成立。土佐国のほとんどの史料を採録し,14部門にわたって類集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐国群書類従
とさのくにぐんしょるいじゅう

吉村春峰(よしむらしゅんぽう)(通称嘉之助(かのすけ))の編纂(へんさん)した土佐(高知県)の史料叢書(そうしょ)。春峰は幕末維新期の庄屋(しょうや)・国学者・歴史家で、早くから土佐の古文書・古書の収集を行っていた。維新後高知県庁に出仕したが、1873年(明治6)上京し左院に仕えた。のち官を辞して、塙保己一(はなわほきいち)の『群書類従』にならい、土佐に関する旧記、家集、覚書の類を集め『土佐国群書類従』を編纂した。5巻以上のものを除き断簡零冊(れいさつ)を含む378の書を集め、160巻196冊とし、さらに『同拾遺(しゅうい)』65巻55冊を編んだ。神祇(じんぎ)、法度(はっと)など14部門に分かたれた史料集で、『南路志(なんろし)』(120巻、1813年成)以来の大叢書である。[山本 大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐国群書類従の関連キーワード能勢頼保薩藩旧記雑録議官土佐の院本土佐川崎幾三郎吉村春峰越佐史料《イタリア史料集成》《ポルトガル史料集》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone