コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐国群書類従 とさのくにぐんしょるいじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土佐国群書類従
とさのくにぐんしょるいじゅう

明治初期の土佐史料集。 160巻。別に拾遺 65巻がある。同国香美郡吉原の元庄屋,吉村春峯編。明治初年に成立。土佐国のほとんどの史料を採録し,14部門にわたって類集した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐国群書類従
とさのくにぐんしょるいじゅう

吉村春峰(よしむらしゅんぽう)(通称嘉之助(かのすけ))の編纂(へんさん)した土佐(高知県)の史料叢書(そうしょ)。春峰は幕末維新期の庄屋(しょうや)・国学者・歴史家で、早くから土佐の古文書・古書の収集を行っていた。維新後高知県庁に出仕したが、1873年(明治6)上京し左院に仕えた。のち官を辞して、塙保己一(はなわほきいち)の『群書類従』にならい、土佐に関する旧記、家集、覚書の類を集め『土佐国群書類従』を編纂した。5巻以上のものを除き断簡零冊(れいさつ)を含む378の書を集め、160巻196冊とし、さらに『同拾遺(しゅうい)』65巻55冊を編んだ。神祇(じんぎ)、法度(はっと)など14部門に分かたれた史料集で、『南路志(なんろし)』(120巻、1813年成)以来の大叢書である。[山本 大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土佐国群書類従の関連キーワード吉村春峰山本

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android