吉村春峰(読み)よしむら しゅんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村春峰 よしむら-しゅんぽう

1836-1881 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)7年生まれ。土佐(高知県)長岡郡十市(とおち)村の庄屋となり,維新後は高知県庁につとめる。明治6年上京して左院に勤務。辞職後,塙保己一(はなわ-ほきいち)の「群書類従」にならい,土佐の史料をあつめて「土佐国群書類従」を編修した。明治14年12月2日死去。46歳。通称は嘉之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android