コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地白書 とちはくしょThe White Paper on Land

1件 の用語解説(土地白書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地白書
とちはくしょ
The White Paper on Land

1989年 12月に成立した土地基本法第 10条で毎年政府が国会に提出することを義務づけられている報告書。 90年7月に最初の『土地白書』が国土庁編纂 (へんさん) の下に発行された。内容は,第1部の土地に関する動向と,第2部の土地に関して講じた基本的施策から成り,土地の利用・所有・取引の動向,地価の動向,各省庁で行なわれている土地対策などが報告されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

土地白書の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成金星探査機台湾映画竹下登内閣地理教育天安門事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地白書の関連情報