土地管轄(読み)トチカンカツ

  • とちかんかつ ‥クヮンカツ
  • とちかんかつ〔クワンカツ〕

大辞林 第三版の解説

同種の裁判所間の裁判権の行使について、地域により定めた範囲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 全国の裁判所がそれぞれ地域的に分担して裁判権を行使することのできる土地の区域。同種の裁判所間で、ある事件を地域的にどこの裁判所が分担して審理裁判するかの問題で、民事、刑事の事件につき、それぞれ法律がこれを定めている。〔刑事訴訟法(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の土地管轄の言及

【裁判管轄】より

…事件の性質や難易・軽重を考慮して決められる。(4)土地管轄とは同種の事件を所在地を異にする同種の裁判所のいずれが分掌するかの定めである。事件と土地との関連性を考慮して定められる。…

※「土地管轄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android