コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居実行 どい さねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居実行 どい-さねゆき

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)の豪族土居通増(みちます)の弟。後醍醐(ごだいご)天皇隠岐(おき)の行宮(あんぐう)にたずね,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)天皇の隠岐(おき)脱出後そのあとを追うが,強風のため石見(いわみ)(島根県)大浦(おおうら)に漂着。のち同地で病没

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土居実行の関連キーワード南北朝時代