コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐源吾 とき げんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐源吾 とき-げんご

1836-1900 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)7年1月23日生まれ。14歳のとき郷里美濃(みの)(岐阜県)をでる。長崎で鉄翁(てっとう)祖門にまなび,全国各地の名勝,史跡をえがく。収集した考古・民俗資料の博物館を構想するが,濃尾大地震などで実現できなかった。明治33年2月20日死去。65歳。号は蓑虫山人,六十六庵主人。著作に「無言之記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐源吾の関連キーワード明治時代幕末天保

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android