コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼益 とき よります

2件 の用語解説(土岐頼益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼益 とき-よります

1351-1414 南北朝-室町時代の武将。
観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年生まれ。土岐頼忠(よりただ)の長男。土岐康行の乱には父と幕府の追討軍にくわわる。応永2年美濃(みの)(岐阜県)守護。6年大内義弘(よしひろ)の応永の乱に呼応して従兄弟土岐詮直(あきなお)が兵をおこすと,将軍足利義満(よしみつ)の命でこれをほろぼした。10年侍所頭人(さむらいどころとうにん)。応永21年4月4日死去。64歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土岐頼益

没年:応永21.4.4(1414.4.23)
生年:観応2/正平6(1351)
南北朝・室町時代初期の武将。美濃国(岐阜県)守護。美濃守,左京大夫。父頼世(頼忠)以来,美濃池田郡に住したことから,初め池田氏を称す。一時,尾張海東郡萱津に住して萱津氏を称したともいう。土岐康行の乱では父と共に幕府軍に加わり,明徳3/元中9(1392)年,足利義満の執り行った相国寺供養では弟光兼と後陣の随兵を務める。応永2(1395)年父より美濃守護を継承し,同6年大内義弘に呼応して厚見郡長森城に立てこもった従兄弟の土岐肥田瀬詮直,土岐世保康政,国人遠山氏らを討つ。同10年には侍所頭人に任ぜられた。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土岐頼益の関連キーワード源氏物語・大沢本兼国(2)兼吉(初代)少弐貞頼宗頼茂東師氏土岐頼忠長瀬泰貞波多野通郷遊佐国長

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone