コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土師猪手 はじの いて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土師猪手 はじの-いて

?-643 飛鳥(あすか)時代の豪族。
推古(すいこ)天皇11年(603)周防(すおう)娑婆(さば)(山口県防府(ほうふ)市佐波)で来目(くめの)皇子の殯(もがり)の儀をつかさどり,氏(うじ)を土師娑婆ともいう。皇極(こうぎょく)天皇2年吉備姫王(きびつひめのおおきみ)の喪礼を執行。同年11月1日蘇我入鹿(そがの-いるか)の命で山背大兄(やましろのおおえの)王を襲撃して戦死した人物とみなされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android