コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土御門定通 つちみかど さだみち

2件 の用語解説(土御門定通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土御門定通 つちみかど-さだみち

1188-1247 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
文治(ぶんじ)4年生まれ。源通親(みちちか)の4男。母は藤原範子(はんし)。妻は北条義時の娘。承元(じょうげん)元年参議。建保(けんぽ)2年正二位にすすみ,元仁(げんにん)元年大納言,嘉禎(かてい)2年内大臣に任じられた。宝治(ほうじ)元年9月28日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土御門定通

没年:宝治1.1.28(1247.3.6)
生年:文治4(1188)
鎌倉前・中期の公卿。正二位内大臣。権臣源通親と後鳥羽上皇の乳母藤原範子(範兼の娘)の子。長兄通宗の猶子となりその家嫡に立てられた。建仁2(1202)年従三位,建保6(1218)年権大納言となる。後鳥羽上皇に近侍し,院方として承久の乱(1221)に参加。乱後,出仕を止められたが,のち許された。その後大殿九条道家の主催する議定で活躍。有識者として知られた。嘉禎2(1236)年に内大臣となったが翌年辞任。仁治3(1242)年四条天皇が急逝すると,北条泰時の姉妹を妻に持つ定通が,幕府に強く働きかけて,土御門天皇の皇子邦仁(通宗外孫),すなわち後嵯峨天皇の即位を実現させた。定通は天皇の後見として内裏を管領した。寛元4(1246)年,後嵯峨の院政開始後は嫡子顕定を院の執事別当の地位につけたが,実際には彼が院中を統括した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門定通の関連キーワード阿野季信久我信通久我広通中御門宗顕徳大寺実維藤原基家花山院忠経近衛道経源具実源雅通

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone