コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源通親 みなもとのみちちか

7件 の用語解説(源通親の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源通親
みなもとのみちちか

[生]久安5(1149)
[没]建仁2(1202).10.21. 京都
鎌倉時代初期の廷臣。内大臣,東宮傅 (とうぐうふ) 。内大臣久我雅通の子。母は八条院女房典薬助藤原行兼の娘。平氏の全盛時代,通親は最初の妻を捨てて平清盛の姪を妻に迎え,清盛の庇護のもとに政界に進出,平氏の追従者として地位の保全をはかっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐みちちか【源通親】

土御門通親

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

源通親【みなもとのみちちか】

平安末・鎌倉初期の公卿(くぎょう),歌人。村上源氏久我(こが)雅通の子。累進して内大臣となり,土御門(つちみかど)内大臣と号した。後白河法皇の死後,法皇の寵姫(ちょうき)丹後局(たんごのつぼね)高階栄子(たかしなえいし)と結んで勢力を築き,1196年源頼朝と提携する九条兼実を廟堂(びょうどう)から追放し,朝廷の実権を握り鎌倉幕府に対抗。
→関連項目宣陽門院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源通親 みなもとの-みちちか

1149-1202 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安5年生まれ。源雅通の長男。治承(じしょう)4年(1180)参議。のち正二位,内大臣にいたる。号は久我(こが),土御門(つちみかど)。後白河・後鳥羽(ごとば)院政で活躍。建久7年(1196)親幕派の九条兼実(かねざね)を失脚させ,養女在子が生んだ土御門天皇外祖父として権勢をふるった。文,和歌にもすぐれた。建仁(けんにん)2年10月21日死去。54歳。贈従一位。著作に「高倉院厳島御幸記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのみちちか【源通親】

1149‐1202(久安5‐建仁2)
平安末~鎌倉前期の宮廷政治家。正二位内大臣にまで進み,土御門(久我)内大臣と号す。村上源氏久我雅通の長子。母は美福門院(または八条院)女房,典薬助藤原行兼の娘。はじめ花山院忠雅の娘を妻としたが,仁安・嘉応(1166‐71)ころ平教盛の娘をめとり,全盛期の平氏の後援をたのんで政界に進出。また高倉天皇の近臣として重きをなしたが,平氏の西走(1183)後は後鳥羽天皇の乳母高倉範子を室に迎えるなどして政治的立場の更新をはかり,後白河法皇近臣の列に加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのみちちか【源通親】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源通親
みなもとのみちちか
(1149―1202)

鎌倉初期の公卿(くぎょう)。源雅通(まさみち)の子。土御門(つちみかど)を称した。六波羅(ろくはら)時代に、平氏との間に婚姻を通じて政治家としての地歩を築き、また高倉(たかくら)天皇の近臣として重んぜられた。しかし平氏の都落ちに際しては、これを離れて後白河(ごしらかわ)院のもとにとどまり、その近臣としてしだいに勢力を得た。また新興の関東政権とも連携して宮廷での地歩確保に努め、関白(かんぱく)九条兼実(かねざね)の執政と対立した。1196年(建久7)近衛(このえ)家を擁して九条家を失脚させ、事実上政権を独占する勢いを示した。やがて後鳥羽(ごとば)天皇が上皇として院政をみるや、院の意を迎えて、いよいよその権勢を固めた。院の別荘水無瀬殿(みなせどの)は通親の造営するところである。またその養女在子を院の後宮(こうきゅう)に入れ、その皇子が即位する(土御門天皇)に及び、通親は外戚(がいせき)として威を振るい、父祖を超えて内大臣となり、鎌倉時代の土御門家繁栄の基がここに築かれた。彼は和歌・文章に巧みで、『高倉院升遐記(しょうかき)』『高倉院御幸記』の和文の著があり、後鳥羽院の近臣源家長(いえなが)の『家長日記』にはとくに歌人として高く評価されている。[多賀宗隼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の源通親の言及

【後鳥羽天皇】より

…践祚の後も後白河法皇が院政を行ったが,92年(建久3)法皇の没後は,法皇と対立していた関白九条兼実が実権を握った。源通親ら法皇の旧側近はこれと対立し,96年通親は策謀によって兼実を失脚させ政権を握った。98年後鳥羽天皇は通親の外孫にあたる皇子為仁(土御門天皇)に譲位,上皇として院政をはじめ,1221年(承久3)まで,土御門・順徳・仲恭天皇の3代にわたり院政を行った。…

【高倉範子】より

…はじめ平時子と同腹の能円(のうえん)に嫁し,在子(のちの承明門院)をもうける。1180年(治承4)後鳥羽天皇が誕生するや妹とともに乳母に上がったが,夫や平氏一門の西走に同行せず,やがて在子を伴って源通親に再嫁した。これが通親の権勢伸長に益するところ多大だったが,妹の辣腕ぶりにくらべて範子自身は温順な性質であったらしく,格別の政治的活動は知られていない。…

【長講堂】より

…92年3月,後白河法皇は死にさいして,長講堂とその所領を寵姫丹後局所生の宣陽門院覲子内親王にゆずった。宣陽門院はここに移住し,源通親を院別当に任命したが,その所領に目をつけて恩賞にあずかろうとして追従する貴族たちが多かった。とくに別当通親は,この膨大な長講堂領の管理責任者だったので,その富は摂関家をしのいだといわれる。…

※「源通親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源通親の関連キーワード大宮局惟宗俊海定兼宅磨為久如来尼本田次郎正恒(2)頼円(2)頼成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone