コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土斑猫/地胆 ツチハンミョウ

デジタル大辞泉の解説

つち‐はんみょう〔‐ハンメウ〕【土斑猫/地胆】

甲虫目ツチハンミョウ科の昆虫の総称。体長1~2センチ。体は青黒くてつやがある。腹は平たく、雌では特に大きい。前(まえばね)は短く、後ろ翅は退化しているので飛べず、歩き回る。体内に含む有毒なカンタリジンは発泡薬などに利用される。マメハンミョウゲンセイなど。にわつつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つちはんみょう【土斑猫】

コウチュウ目ツチハンミョウ科の昆虫の総称。体長3~30ミリメートル。体色は黒っぽいものが多い。頭が大きく、腹が太い。後ろばねを欠く種がある。幼虫は脱皮のたびに形が変化する多変態を行う。成虫が分泌するカンタリジンは皮膚に水腫を作る毒素で、生薬にも使われる。日本にはマメハンミョウなど約20種がいる。にわつつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android