コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆斑猫 マメハンミョウ

デジタル大辞泉の解説

まめ‐はんみょう〔‐ハンメウ〕【豆斑猫】

ツチハンミョウ科の昆虫。体長2センチくらい。体は細く、黒色で、頭部は赤色。前翅(まえばね)に灰白色の縦のすじがある。大豆・ナス・ジャガイモなどの害虫。幼虫はバッタ類の卵塊を食べる。成虫には人の皮膚に水ばれを生じさせるカンタリジンが含まれ、発泡剤などに利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まめはんみょう【豆斑猫】

ツチハンミョウ科の甲虫。体長15ミリメートル 内外。体は細長く、頭部の大部分が赤色のほかは黒色。上ばねの縁と中央に細い黄色の縦線がある。幼虫はバッタ類の卵塊を食い、成虫はマメ類などの葉を食害する。成虫は乾燥して生薬のカンタリスを製する。本州・四国・九州に分布。 → カンタリス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

豆斑猫の関連キーワードカンタリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android