コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田献 つちだ けん

3件 の用語解説(土田献の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土田献 つちだ-けん

?-? 江戸時代後期の医師。
江戸で医学をまなび,多数の臨床例をまとめ,日本で最初の精神医学専門書とされる「癲癇狂(てんかんきょう)経験編」を文政2年(1819)に刊行した。陸奥(むつ)出身。字(あざな)は翼卿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つちだけん【土田献】

日本で精神病患者をはじめて専門的に診療した江戸後期の漢方医。生没年不詳。字は翼卿。1819年(文政2)刊行の著書《癲癇狂経験編(てんかんきようけいけんへん)》だけでその存在が知られている。陸奥で生まれ,江戸へ出て医学を学んだが,やがて名声がひろまり,10年余りの間に1000人以上の患者を治療したという。この臨床経験から約60例の症例を選んで簡潔にまとめあげたのが上記の本で,日本最初の精神医学専門書と目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つちだけん【土田献】

江戸後期の漢方医。陸奥むつの人。字あざなは翼卿。日本で初めて精神病患者を専門的に診療。その症例をもとに「癲癇狂経験篇」(1819年刊)を著した。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の土田献の言及

【精神医学】より

…《一本堂行余医言》全22巻(1807∥文化4)の巻五で精神病を詳述した香川修徳,《療治茶談》(1808)で独特の心疾論を展開した田村玄仙,吐方を一種のショック療法として精神病に用いた中神琴渓,その門下で《吐方論》(1817)を著した喜多村良宅らの貢献が注目される。とりわけ,江戸で10年間に1000人以上の精神病者を治療して名をあげた土田献(翼卿)は日本で最初の精神科専門医と目され,その治療経験をまとめた《癲癇狂経験編》(1819∥文政2)は日本最初の精神医学専門書とみなされる。こうして築かれた江戸期の精神医学も,明治時代に入ると,ほかの漢方系医学と同じく急速に衰退し,西欧系の精神医学が代わって採用される。…

※「土田献」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone