コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地主の桜 じしゅのさくら

世界大百科事典 第2版の解説

じしゅのさくら【地主の桜】

狂言謡の曲名。名所として知られる京都清水寺の地主権現の桜をうたった短章の歌謡。《閑吟集》や女歌舞伎踊歌の《謎の踊》にも見え,近世歌謡に影響を与えたらしい。狂言の中では,《御茶の水》(《水汲》),《清水座頭(きよみずざとう)》《猿座頭》などで,いずれも女の役が謡う。音楽的には小歌(こうた)として扱われ,高音域の優美かつ装飾的旋律を伴う。舞は伴わないので小舞謡(こまいうたい)にはなっていない。【羽田 昶】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android