コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地主の桜(読み)じしゅのさくら

世界大百科事典 第2版の解説

じしゅのさくら【地主の桜】

狂言謡の曲名。名所として知られる京都清水寺の地主権現の桜をうたった短章の歌謡。《閑吟集》や女歌舞伎踊歌の《謎の踊》にも見え,近世歌謡に影響を与えたらしい。狂言の中では,《御茶の水》(《水汲》),《清水座頭(きよみずざとう)》《猿座頭》などで,いずれも女の役が謡う。音楽的には小歌(こうた)として扱われ,高音域の優美かつ装飾的旋律を伴う。舞は伴わないので小舞謡(こまいうたい)にはなっていない。【羽田 昶】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android