水汲(読み)みずくみ

精選版 日本国語大辞典「水汲」の解説

みず‐くみ みづ‥【水汲】

[1] 〘名〙
① 水をくみ取ること。また、その人。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「かの仙人に、なつみ、水くみせし功徳に〈〉人の身を得たるなり」
② 特に、鉱山などの坑内で湧き水をくみ出す仕事。また、その人夫。
※洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)侠八歯臍「軽ければ佐渡嶋の、みづくみと成り」
③ 江戸時代、河川井戸などから水をくみ取り町へ売り歩いたもの。
※浮世草子・好色万金丹(1694)一「貧乏な水くみの娘」
④ 歌舞伎の小道具の一つ。黒木綿で作った蒲鉾形烏帽子従者・雑兵の役に用いる。
[2] 狂言お茶の水」の別名。和泉流で用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android