コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言謡 キョウゲンウタイ

デジタル大辞泉の解説

きょうげん‐うたい〔キヤウゲンうたひ〕【狂言謡】

狂言中でうたわれる歌。特定の狂言にうたわれるもの、独立した小曲で諸狂言に用いられるものなどがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうげんうたい【狂言謡】

狂言の中でうたわれる謡の総称。狂言は,能に比べると相対的には写実的なせりふ劇だが,筋の展開上,歌謡を挿入することも多く,現行曲の60%以上は,なんらかの形で歌舞の要素を含む。また,狂言師の演技は,せりふやしぐさの稽古から入るのではなく,謡によって声の訓練,舞によって体の動きの基礎がつくられる。狂言謡は多種多様にわたるが,劇的用途の上から劇中歌と特定狂言謡とに分けられる。劇中歌とは,狂言の演目から独立している小曲で,複数の演目に自在に流用される謡をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうげんうたい【狂言謡】

狂言小歌など能狂言の中で謡われる謡の総称。能の一節をそのまま謡うもの、能の謡を模した節で謡うもの、狂言独自の節づけをしたものなどがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狂言謡の関連キーワード我女・和女黄金目貫海道下り地主の桜狂言小謡狂言小歌寝音曲いちや囃子物小舞謡能狂言住吉小歌御湯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android