地価公示制度(読み)ちかこうじせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地価公示制度
ちかこうじせいど

都市およびその周辺の都市計画区域において標準地を選定し,一定の基準日における (現在,1月1日) その正常な地価の鑑定を求め,それを毎年1回公示する (地価公示法2条1項) 制度。一般の土地の取引価格に対し指標を与え,また公示価格を公共用地の補償金額の算定などに資することによって適正な地価の形成に寄与することを目的とする。地価公示法 (昭和 44年法律 49号) がこれを定める。この制度と密接不可分なものとして不動産鑑定制度 (→不動産鑑定士 ) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちかこうじせいど【地価公示制度】

地価公示法(1969年制定)に基づき、土地価格の指標を示し、適正な地価の形成を図ることを目的に、国土交通省が、毎年、全国の都市とその周辺部の地点について、単位面積あたりの価額を官報に公示する制度(通常は一月一日)。1970年(昭和45)発足。公示される地価は公示地価とよばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android