不動産鑑定士(読み)ふどうさんかんていし

日本大百科全書(ニッポニカ)「不動産鑑定士」の解説

不動産鑑定士
ふどうさんかんていし

不動産の鑑定評価(土地建物またはこれらに関する所有権以外の権利の経済価値を判定し、その結果を価額に表示すること)を行う法律上の資格を有し、登録した。「不動産の鑑定評価に関する法律」(昭和38年法律152号)に基づいてつくられた。国家試験である不動産鑑定士試験(短答式および論文式)に合格し、実務修習を修了して国土交通大臣の確認を受けた者が、国土交通省に備える不動産鑑定士簿に氏名、生年月日、住所などを登録する。不動産鑑定士でない不動産鑑定業者は、その事務所ごとに専任の不動産鑑定士を1人以上置かなければならない。不動産鑑定士は、良心に従って誠実に不動産の鑑定評価等の業務を行い、不動産鑑定士の信用を傷つける行為をしてはならず、業務上知りえた秘密を漏らしてはならない。不動産鑑定士に対する監督手段として、国土交通大臣による懲戒処分があり、また不当な鑑定評価等に対する一般人からの措置要求が認められている。

[宮田三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「不動産鑑定士」の解説

不動産鑑定士
ふどうさんかんていし

不動産の鑑定評価に関する法律」に基づく不動産鑑定士試験に合格し,実地修習を修了して,国土交通大臣の確認を受け,国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録された者。不動産の鑑定評価とは,土地,建物またはこれらに関する所有権以外の権利(たとえば地上権賃借権)の経済価値を判定し,その結果を価額に表示することをいう(2条)。不動産鑑定士は,不動産の鑑定評価と,不動産の客観的価値に作用する諸要因に関して調査もしくは分析行ない,または不動産の利用,取り引きもしくは投資に関する相談に応じることを業とすることができる(3条1,2項)。不動産鑑定士試験は,毎年 1回以上,土地鑑定委員会が行なう(12条)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「不動産鑑定士」の解説

不動産鑑定士【ふどうさんかんていし】

不動産鑑定業者の業務に関し,不動産の鑑定評価を行う者。〈不動産の鑑定評価に関する法律〉(1963年)により,土地鑑定委員会の行う試験に合格し,国土庁に備える不動産鑑定士名簿に登録を要する。
→関連項目地価

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「不動産鑑定士」の解説

ふどうさん‐かんていし【不動産鑑定士】

〘名〙 土地、建物またはこれらに関する権利の経済価値を、判定・評価する資格を有する者。国家試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けることを要する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不動産鑑定士」の解説

ふどうさん‐かんていし【不動産鑑定士】

不動産の鑑定評価を行う法律上の資格を持つ者。国家試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録されなければならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「不動産鑑定士」の解説

ふどうさんかんていし【不動産鑑定士】

不動産の鑑定評価を行う資格を有する者。〈不動産の鑑定評価に関する法律〉(1963)に規定がある。不動産の鑑定評価とは,土地もしくは建物またはこれらに関する所有権以外の権利の経済価値を判定し,その結果を価格に表示することをいう。不動産鑑定士になるには3回にわたる国家試験に合格することを要する。1次試験は教養試験で大学卒業者には免除される。2次試験は不動産鑑定士となるに必要な専門的学識を有するかどうかを判定することを目的とし,民法,不動産に関する行政法規,経済学,会計学および不動産の鑑定評価に関する理論について行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android