地域社会学校(読み)ちいきしゃかいがっこう

精選版 日本国語大辞典の解説

ちいきしゃかい‐がっこう チヰキシャクヮイガクカウ【地域社会学校】

〘名〙 (community school の訳語) 地域社会の生活と密接に結びつき、地域社会の諸生活活動の指導的役割をつとめるような学校。地域の自然や資料を教材として利用したり、家庭・農場・工場などその地域のあらゆる施設機関を利用したりして教育が行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地域社会学校の言及

【郷土教育】より

…戦時中国民学校第4学年におかれた〈郷土の観察〉はその例である。戦後初期はアメリカの影響による地域社会学校(コミュニティ・スクール)運動や社会科教育などで郷土がとりあげられ,郷土の生活現実を基礎にした地域教育計画づくりや,郷土の生活・自然を教えることが重視された。1960年代の高度経済成長政策の進行から生まれた地域社会における生活・自然の歪みや子どもの荒廃を前にして〈地域に根ざす教育〉が重視され,そのなかでかつての郷土教育の思想や運動を見なおし発展させようとする動きがある。…

【コミュニティ・スクール】より

…地域社会学校,社会中心学校とも呼ばれる学校教育改造運動のひとつである。1920年代以降,とくに30年代のアメリカで理論化され積極的に展開されたが,歴史的には,伝統的な教科中心学校に対する児童中心学校が子どもの興味・関心を重視するあまり,生活とくに地域社会の生活から遊離する傾向をもたらしたことに対する反省にもとづいている。…

※「地域社会学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域社会学校の関連情報