コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域精神衛生センター ちいきせいしんえいせいセンターcommunity mental health center

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域精神衛生センター
ちいきせいしんえいせいセンター
community mental health center

地理的に限定された集団の精神衛生を促進するための中央施設。環境の改善,精神障害者の早期発見,早期治療,慢性患者のための社会復帰訓練などをおもな業務とする。ヨーロッパ諸国では,精神障害者の地域社会における治療を促進するための医療体制や,サービス網の整備を中心としている。これに対して,アメリカでは対人関係の障害の予防や治療に重点をおくので,犯罪,非行,アルコールその他の薬物の濫用,自殺企図などにかなりの関心を寄せる。日本では,1965年の精神衛生法改正の際,精神衛生センターの規定が設けられた。それによれば,精神衛生センターは,(1) 精神衛生に関する知識の普及,(2) 精神衛生に関する調査研究,(3) 精神衛生に関する相談および指導のうち複雑または困難なもの,を行う施設である。相談および指導の窓口は保健所と定められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android