精神衛生(読み)せいしんえいせい(英語表記)mental hygiene; mental health

  • せいしんえいせい ‥ヱイセイ
  • せいしんえいせい〔ヱイセイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精神障害の予防およびアフターケアと,人々が安定した精神生活をおくれるように取計らうことの2つの意味がある。前者は長い間 mental hygieneと呼ばれていた。これには精神障害の発生率を減少させること,早期発見により有病率を減少させること,社会復帰を促進することの3段階がある。一方,後者の安定した精神生活については,19世紀末以降の産業社会化が精神面に強い影響を与えたことから取上げられるようになった。犯罪非行アルコール乱用自殺などがおもな課題になる。また,精神衛生活動の対象別に,乳幼児精神衛生,青少年精神衛生,老人精神衛生,家族精神衛生,産業精神衛生,地域社会精神衛生などとも呼ばれる。世界精神衛生連盟は 1948年,日本精神衛生連盟は 52年に結成された。精神障害者の救済目的とするボランティア組織としては 02年に精神病者救治会が結成され,世界でも最も古い歴史をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

精神衛生mental hygieneとは,広義には精神的健康mental healthを保ち増進すること,すなわち精神保健であるが,狭には精神障害にならないように予防すること(第1次予防,発生予防),なった場合も早期発見,早期治療,再発予防をすること(第2次予防,有病率低下),そしてリハビリテーションを促進して精神的健康を回復すること(第3次予防,社会復帰)を指す。精神的健康とは精神障害がなく,個人が社会の中で良好な適応状態にあることだが,社会文化的価値基準や個人的事情の違いにより相対的な面がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

精神の健康促進をはかったり、精神障害の予防や治療をはかったりする活動および研究。メンタルヘルス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 精神的健康者の健康保持と精神的疾患にかかるおそれのある人々の罹患予防など、広く精神の健康を維持し、改善するための活動を含む公衆衛生の一分野。〔精神衛生法(1950)〕
② (一般に)精神が安らかに保たれること。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉舶来女房、愛すべし「いったん夫の愛情がはっきり言葉で確認されれば、〈略〉実に精神衛生によいんだそうです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精神衛生の関連情報