地山(読み)ジヤマ

  • じやま ヂ‥
  • じやま〔ヂ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① その土地にある山。その地方の山。
② 田と山。田地と山林。
※本福寺跡書(1560頃)大宮参詣に道幸〈略〉夢相之事「地山をおとされ、身のたてどもなく成はて」
③ 船乗りなどが島山などに対して、陸地の山をいう語。
※渡海新法(1802)「地乗といふは地山を目的として渡海し」
④ 盛土などに対して、自然の丘陵をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地山の言及

【トンネル】より

…土や岩を掘って地表下につくられた空間で,通常はほぼ水平な細長い通路状のものをいう。上方に地山(じやま)(在来地盤)を残して地中を掘り進んでつくられるものがふつうであるが,地表から溝状に掘ってその中にトンネル構造物をつくり,再び埋め戻してつくる,いわゆる開削工法によるものもトンネルに含まれる。この工法は都市内の街路下に,比較的浅い地下鉄道をつくるときなどに用いられる。…

※「地山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地山の関連情報