コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地敷 ジシキ

デジタル大辞泉の解説

じ‐しき〔ヂ‐〕【地敷】

貴人の座所の下敷きとして用いるござの類。
「御―四十枚」〈・若菜上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じしき【地敷】

貴族などの座席を設けるときに、数枚重ねる敷物のうちいちばん下に敷くもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地敷の言及

【香道具】より

…本香盤に香札を納めたものもある。(11)打敷と(12)地敷(じしき) 縁どりをした帛(はく)とその上に広げる厚紙で表は金,裏は銀で絵のあるものもある。昼は金,夜は銀を用いる習慣である。…

※「地敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地敷の関連キーワード新発田城座席貴族

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android