地敷(読み)ジシキ

大辞林 第三版の解説

じしき【地敷】

貴族などの座席を設けるときに、数枚重ねる敷物のうちいちばん下に敷くもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐しき ヂ‥【地敷】

〘名〙 貴族座席しつらいとして、数枚重ねる敷物の中の下敷に使うものをいう。座席によって薄畳や藺の筵の類を用いる。
※新儀式(963頃)四「大后御座之間、孫廂鋪地敷二枚。其上敷四幅帛。備無踏所
※源氏(1001‐14頃)若菜上「うるはしく倚子(いし)などは立てず、御ちしき四十まい、御しとね、脇息など」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地敷の言及

【香道具】より

…本香盤に香札を納めたものもある。(11)打敷と(12)地敷(じしき) 縁どりをした帛(はく)とその上に広げる厚紙で表は金,裏は銀で絵のあるものもある。昼は金,夜は銀を用いる習慣である。…

※「地敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android