コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下敷(き) シタジキ

デジタル大辞泉の解説

した‐じき【下敷(き)】

筆記・習字などをするとき、その紙の下に敷くもの。また、そのための文房具。
物の下に敷かれること。「倒れた材木の下敷きになる」
創作・制作などの手本・基礎となるもの。「古い説話を下敷きにして小説を書く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

下敷(き)の関連キーワードマルチロールグリッドパッドアドワン リングノート輪廻/RINKAIバリー レビンソンフォースタス博士プロメテウス解縛重要産業統制法スノーホワイト艦長ホレーショノルウェイの森隠密奉行朝比奈嗤う伊右衛門錆びたナイフ数えずの井戸マウスパッドすべてを恋にうつほ草紙パルチバル未来のイブ太陽の季節

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android