コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下敷(き) シタジキ

デジタル大辞泉の解説

した‐じき【下敷(き)】

筆記・習字などをするとき、その紙の下に敷くもの。また、そのための文房具。
物の下に敷かれること。「倒れた材木の下敷きになる」
創作・制作などの手本・基礎となるもの。「古い説話を下敷きにして小説を書く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

下敷(き)の関連キーワードマルチロールグリッドパッドアドワン リングノート輪廻/RINKAIバリー レビンソンフォースタス博士プロメテウス解縛重要産業統制法スノーホワイト隠密奉行朝比奈ノルウェイの森艦長ホレーショ嗤う伊右衛門錆びたナイフマウスパッド敵討日月双紙すべてを恋に数えずの井戸太陽の季節うつほ草紙未来のイブ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android