倚子(読み)いし

日本大百科全書(ニッポニカ)「倚子」の解説

倚子
いし

方形に脚付きで、座の左右に勾欄(こうらん)をつけ、背部に鳥居形の背もたれのある腰掛。正倉院に遺例がみられるが、平安時代に宮中で天皇をはじめ高官の公卿(くぎょう)が使用した。天皇用のものは御倚子または倚子の御座と称され、紫宸殿(ししんでん)には黒柿(くろがき)製、清涼殿(せいりょうでん)には紫檀(したん)製のものが置かれたが、近世からは漆塗装するようになった。上に錦(にしき)や綾(あや)の毯代(たんだい)を敷き、幼帝の場合には踏み台を要する。皇太子が元服のときに平文(ひょうもん)の装飾を施した小倚子を用いる。

[郷家忠臣]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「倚子」の解説

い‐し【倚子】

〘名〙 腰かけの一種で、宮中では高官だけが使用をゆるされたもの。背もたれとひじかけのあるものとないものがあり、その形は、用いる者の身分によって違いがあった。立礼(りゅうれい)の際に使用。〔延喜式(927)〕
※枕(10C終)一六一「上達部のつき給ふいしなどに女房どものぼり」
[補注]禅宗渡来以後、唐宋音に基づいて「いす」というようになり、用字も多く「椅子」とするようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「倚子」の解説

い‐し【×倚子】

腰掛けの一。宮中では貴人高官が使用を許されたもの。形や背もたれ・ひじ掛けの有無などは身分により違いがあった。
螺鈿らでんの―立てたり」〈・若菜上〉
[補説]中世以降、禅僧が多く使い、唐音を用いて「いす」といい、「椅子」と書くことが多くなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典「倚子」の解説

いし【倚子】

平安時代初期、宮廷で用いられた座具。左右と後部手すり、さらに鳥居の形をした背もたれがついた4本脚の腰掛け。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

普及版 字通「倚子」の解説

【倚子】いす

いす。

字通「倚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の倚子の言及

【いす(椅子)】より

…また日本のいすは中国とのかかわりが深かった。イスを現在では〈椅子〉と書くが,これは鎌倉時代以後で,平安時代には〈倚子〉と書きイシとよんでいた。 日本で最初にいすが使われたのは,埴輪のいすから判断して6~7世紀ころからと考えられる。…

※「倚子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android