地方管理空港(読み)ちほうかんりくうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方管理空港
ちほうかんりくうこう

2008年の空港法により定められた,国際航空輸送網または国内航空輸送網を形成するうえで重要な役割を果たす空港。1956年の空港整備法で定められた第1種空港第2種空港第3種空港の区分を廃止して新たに設けられた。松本空港神戸空港,そのほか離島の空港など全部で 55港あり,地方公共団体が設置し管理する。(→拠点空港

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちほうかんり‐くうこう〔チハウクワンリクウカウ〕【地方管理空港】

拠点空港以外で、国際または国内航空輸送網を形成する上で重要な役割を果たす空港。地方公共団体が設置・管理をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android