地方管理空港(読み)ちほうかんりくうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「地方管理空港」の解説

地方管理空港
ちほうかんりくうこう

2008年の空港法により定められた,国際航空輸送網または国内航空輸送網を形成するうえで重要な役割を果たす空港。1956年の空港整備法で定められた第1種空港第2種空港第3種空港区分を廃止して新たに設けられた。松本空港神戸空港,そのほか離島の空港など全部で 55港あり,地方公共団体設置管理する。(→拠点空港

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「地方管理空港」の解説

ちほうかんり‐くうこう〔チハウクワンリクウカウ〕【地方管理空港】

拠点空港以外で、国際または国内航空輸送網を形成する上で重要な役割を果たす空港。地方公共団体が設置・管理をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android