コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方管理空港 ちほうかんりくうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方管理空港
ちほうかんりくうこう

2008年の空港法により定められた,国際航空輸送網または国内航空輸送網を形成するうえで重要な役割を果たす空港。1956年の空港整備法で定められた第1種空港第2種空港第3種空港の区分を廃止して新たに設けられた。松本空港神戸空港,そのほか離島の空港など全部で 55港あり,地方公共団体が設置し管理する。(→拠点空港

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちほうかんり‐くうこう〔チハウクワンリクウカウ〕【地方管理空港】

拠点空港以外で、国際または国内航空輸送網を形成する上で重要な役割を果たす空港。地方公共団体が設置・管理をする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

地方管理空港の関連キーワード南紀白浜空港沖永良部空港大館能代空港小値賀空港与那国空港中標津空港三宅島空港八丈島空港波照間空港久米島空港伊江島空港神津島空港北大東空港南大東空港徳之島空港屋久島空港女満別空港慶良間空港新石垣空港下地島空港

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方管理空港の関連情報