コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2種空港 だいにしゅくうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第2種空港
だいにしゅくうこう

1956年制定の空港整備法で,主要な国内航空路線に必要と定められた空港。2008年の空港法で新たな区分が設けられたため,第1種空港第3種空港とともに廃止された。設置と管理は国土交通大臣が行なったが,地方公共団体に管理を任せることもできた。滑走路,着陸帯,誘導路,エプロン,もしくは照明施設の新設や改良,空港用地の造成や整備の工事に要する費用は,国が 3分の2,空港の存在する都道府県が 3分の1を負担した。(→拠点空港地方管理空港

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の第2種空港の言及

【空港】より

…それによると,空港は用途別に陸上および水上飛行場と,陸上および水上ヘリポートの4種に,規模では滑走路の長さによってAからIまでの9等級に分類されている。また,性格と機能から,航空交通網の基幹となる空港で,設置,管理とも国が行う第1種空港(ただし新東京国際(成田)空港は新東京国際空港公団が,また関西国際空港は関西国際空港株式会社が管理),主として国内幹線用の空港で,国が設置し,管理は国または地方自治体が行う第2種空港および主としてローカル航空輸送用の空港で,設置,管理とも地方自治体が行う第3種空港の三つに分けられている。ただし,第2種,第3種空港とも保安施設関係のみはすべて国が担当する。…

※「第2種空港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第2種空港の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三市川崑コーマン清水宏