コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地殻存在度 ちかくそんざいど crustal abundance

1件 の用語解説(地殻存在度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地殻存在度
ちかくそんざいど
crustal abundance

地球は,地表から中心に向かって,地殻,マントル,核という成層構造を成す。このうち,地殻の厚さは大陸部で 30~50km,海洋部で 10kmである。この地殻の部分をすべて集めて破砕し,均一に混ぜ合わせたとしたときの各元素の濃度を地殻存在度という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地殻存在度の関連キーワード地殻地殻熱流量地球は青かった天に向かって唾を吐く四隅餅虹に向かって走れ遠心性コンクリーションシンタキシャル脈向心構造帆走不能域

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone