コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地百足 ジムカデ

デジタル大辞泉の解説

じ‐むかで〔ヂ‐〕【地百足】

ツツジ科の常緑小低木。本州中部以北の高山帯などに生える。高さ約10センチ。茎は地をはい、先端は上を向き、細長いうろこ状の葉を密につける。7月ごろ、釣鐘状の白い花を開く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じむかで【地百足】

ツツジ科の常緑小低木。本州中部以北の高山に自生。枝は細く地上をはい、厚く光沢のある長楕円形の葉を密につける。夏、鐘形の白い花を枝先に一個つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

地百足 (ジムカデ)

動物。ジムカデ目に属するムカデの総称

地百足 (ジムカデ)

学名:Harrimanella stelleriana
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

地百足の関連キーワード動物地上光沢自生鐘形