コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震災害予測 じしんさいがいよそく assessment of earthquake damage

1件 の用語解説(地震災害予測の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

地震災害予測

想定した地震の発生時に、ある地域に生じる災害の予測。対象地域を分割し、各地区の受ける地震動の強さを震源域との位置関係や地盤などから推定し、建物の倒壊、火災の発生や延焼の可能性などを推測する。山地では山崩れ、沿岸では津波を計算に入れる。それらを総括し、危険の個所と程度を示した災害予測地図を作り、防災計画の基礎資料とする。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震災害予測の関連キーワード本震プレート間地震感震器地震の間震域地震防災戦略東南海地震と南海地震上町断層帯地震対策と予知・予測県地域防災訓練

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone