コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地頭方 じとうがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地頭方
じとうがた

静岡県南部,牧之原市南部の旧村域。駿河湾南西岸にある。 1889年村制施行。 1955年相良町,萩間村と合体して相良町となり,2005年榛原町と合体して牧之原市となった。地名は比木ノ荘の地頭領に由来するといわれる。近海漁業と野菜の栽培などを行なう半農半漁の地。御前崎に近く,観光地ともなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の地頭方の言及

【下地中分】より

…その解決のために,地頭請(うけ)とともに,ややこれにおくれかつ並行して実施されたのが下地中分である。その方法は,争論対象地全体を分割し,それぞれ一方を両者で領有し,相互にこれを侵さないように境界線をひき,地頭方,領家方などと称した。その際田畠・山野などの地目や地形を考慮するのみならず,居住する農民まで二分することもあり,また本来両者の得分(上分)の量に応じて分割するたてまえから,1/3と2/3,2/5と3/5などの不均等分割も少なくなかった。…

※「地頭方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地頭方の関連キーワード牧之原(市)鈴木 梅太郎右馬允家安下地中分佐々目郷大山荘茜部荘雀岐荘新見荘近木荘東郷荘西大寺荘務

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地頭方の関連情報