コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂上当道(読み)さかのうえの まさみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂上当道 さかのうえの-まさみち

813-867 平安時代前期の武人。
弘仁(こうにん)4年生まれ。坂上浄野(きよの)の子。一説に浄野の兄広野の子。坂上田村麻呂の孫。承和(じょうわ)年間に内舎人(うどねり)をつとめ,斉衡(さいこう)2年右衛門権佐(ごんのすけ),のち左近衛少将。天安3年陸奥守(むつのかみ)兼鎮守将軍となり常陸権介(ひたちのごんのすけ)もかねた。従五位上。貞観(じょうがん)9年3月9日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android