コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作 ミツクリ

世界大百科事典 第2版の解説

みつくり【箕作】

は《和名抄》に《説文》を引いて,〈米などの穀物を簸(ひ)て殻,塵などを分け除く器〉とある。ところが《和漢三才図会》には,箕は俗にいう塵取(ちりとり)のことで同じ形をしていても大小によって区別があるとした後,米を簸る箕について,〈泉州上村より多く之を作り出す。楮(こうぞ)の皮を割いて経(たて)とし,筱竹(なよたけ)を破りて緯(よこ)とし,織って筵の如くにして箕の形に作り,縁に藤蔓を纏ふ〉と主産地,製法にも触れて解説する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みつくり【箕作】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の箕作の言及

【山窩】より

…移動には冬は南の暖かいところ,夏は北の涼しいところに居をかまえたといい,川漁にたずさわる集団も多かったようである。なかには九州のミツクリカンジン(箕作勧進)のように,戸籍を持たぬ者が多く,集団から脱落して平地におりた者がはじめて戸籍を持った例もある。集団ごとに統一的組織があって,頭目とか親分のようなリーダーが統率し,掟も強固であったようで,それが平地の人間に奇異な印象を与えた。…

【箕】より

…箕は竹でちり取り型に編んだものが多いが,木製や竹製のものに藤や桜の皮を緯(よこいと)に入れてがんじょうにしたものもある。製作や補修には特別の技術を要するため,〈箕作り〉や〈箕直し〉と呼ばれる特別な人々が村々を訪れて注文に応じていた。箕はインド,中国,朝鮮などアジア大陸部から日本まで見られるが,奄美や沖縄地方にはなく,代りにサンバラなどと呼ばれる円形の底の浅いざるが使用されている。…

※「箕作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

箕作の関連キーワード岡山県津山市西新町津山洋学資料館プチャーチンボアソナードトライチュケ大井憲太郎箕作 麟祥バルフォア箕作 せき箕作省吾蕃書調所箕作麟祥平沼淑郎中江兆民箕作阮甫坂井政尚今村和郎緒方洪庵法政大学大島貞益

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箕作の関連情報