コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本葵園 さかもと きえん

1件 の用語解説(坂本葵園の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本葵園 さかもと-きえん

1827-1881 幕末-明治時代の儒者。
文政10年9月9日生まれ。はじめは僧で白蓮と号した。学問をこのみ,河野杏村,村上仏山らに師事。さらに江戸で大沼枕山(ちんざん)らとまじわる。明治のはじめ還俗(げんぞく)し,大阪で杏村の塾をつぎ,白蓮池館塾と称した。明治14年12月19日死去。55歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。名は亮。字(あざな)は亮平。著作に「白蓮池館詩鈔」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂本葵園の関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング雲照大坪二市

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone