コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本進一郎 さかもと しんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本進一郎 さかもと-しんいちろう

1941 昭和後期-平成時代の農民。
昭和16年3月4日生まれ。北海道東北開発公庫勤務をへて,昭和44年秋田県八郎潟干拓地の大潟(おおがた)村に入植。減反政策などの農政に危機感をいだき,著作活動をおこなう。平成元年「コメ・農業つぶしに黙っていられない秋田県委員会」を発足させた。宮城県出身。東北大卒。著作に「青刈り日記」「土と心を耕して」「大地の民」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂本進一郎の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ日中戦争教養小説戦争と天気図ザ・ピーナッツロスビー後退変成作用カルデラ