大潟(読み)おおがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大潟
おおがた

新潟県の南西部,上越市北部の旧町域。高田平野北東部の砂丘に位置し,日本海に面する。 1957年町制と同時に潟町町から改称。 2005年上越市に編入。かつては半農半漁の村であったが,町制施行以降開発された石油・天然ガス採掘の中心地となり,一躍全国にその名が知られた。油井から出た鵜ノ浜温泉を中心に観光地としての整備が進む。ジュンサイの名産地でもある。砂丘湖として有名な朝日池をはじめとする潟湖群がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおがた【大潟】

秋田県西部の村。日本のモデル農村を建設する目的で、八郎潟干拓により、1964年(昭和39)に誕生した。大規模機械化農業を営む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大潟
おおがた

新潟県南西部、中頸城(なかくびき)郡にあった旧町名(大潟町(まち))。現在は、上越(じょうえつ)市の北西部を占める一地区。1957年(昭和32)潟町(かたまち)町として町制施行。同日大潟町と改称。2005年(平成17)安塚(やすづか)町、柿崎(かきざき)町、吉川(よしかわ)町、板倉(いたくら)町、名立(なだち)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、中郷(なかごう)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに上越市に編入。旧町域は、日本海岸の頸城砂丘上にあり、JR信越本線、北越急行ほくほく線、国道8号が通じる。近世は北国(ほっこく)街道に沿う半農半漁の浜漁村で砂丘畑の野菜作りで知られたが、1958年ごろから帝国石油(現、国際石油開発帝石)の頸城油・ガス田の開発で、一躍石油の町としてにぎわった。原油生産は1964年にピークを迎えたがその後生産量は減退し、海岸線や内陸部に採油装置が数十坑みられる程度となった。直江津(なおえつ)港の築港や、上越臨海工業地域の発展と北陸自動車道の開発で、新興住宅地や工場地に変わった。鵜(う)ノ浜温泉や海水浴場などがある。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大潟の言及

【高田平野】より

荒川が平野の西寄りに北流し,支流の矢代,飯田,保倉の各川が複合扇状地を形成しており,段丘化した南部は排水がよい。海岸には頸城砂丘が発達し,背後は低湿地となって潟湖群が見られ,江戸末期には砂丘に排水路の新堀川が掘削されて大潟が,また1973年には犀ヶ池(さいがいけ)が干拓された。平野の開発は条里制の遺構の見られることから古いと考えられるが,江戸時代に荒川上流の関川を水源とする上江,中江,下江,稲荷中江の用水路が開削され,穀倉地帯が形成された。…

※「大潟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大潟の関連情報