コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪井為春 つぼい ためはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪井為春 つぼい-ためはる

つぼい-いしゅん

坪井為春 つぼい-いしゅん

1824-1886 幕末-明治時代の医師。
文政7年生まれ。江戸にでて坪井信道(しんどう)にまなび,その養子となる。薩摩(さつま)鹿児島藩医,幕府の蕃書調所手伝,西洋医学所教授などをつとめた。明治11年埼玉県立医学校長。明治19年3月30日死去。63歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。本姓は大木。名は忠益。号は芳洲。通称は「ためはる」ともよむ。訳書に「医療新書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坪井為春の関連キーワード明治時代加藤弘之坪井芳洲岩佐純つぼい

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android