垂水人形(読み)たるみずにんぎょう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

垂水人形[人形・玩具]
たるみずにんぎょう

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
垂水市で製作されている。帖佐人形の影響を受けた土人形。明治時代初期に帖佐にならってつくり始められたという。冬の休閑期の副業として明治時代末期から大正時代初頭がもっとも盛んであった。戦後途絶えていたが、1989(平成元)年に復活。現在は、鯉抱き童子・浦島太郎・内裏雛・羽子板娘などがある。鹿児島県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android